農業・漁業×セールス・プロモーション

農業・漁業の現場を熟知した
セールス・プロモーションのスペシャリスト

「北海道浦河町」と聞いて何を思い浮かべますか?

本州に住んでいる多くの人はきっと考えこんでしまうのではないでしょうか。
食の宝庫である北海道にある浦河町ですが、地域のブランドはまだ浸透しているとは決していえません。ところが、実は浦河町にはたくさんの農産品や水産品が存在しています。

農業においては、アスパラや米や、北海道の中でも冷涼温暖な気候を活かしたレタスの栽培なども取り組まれています。
なかでも、「夏イチゴ」の生産量は全国トップクラス。新規就農就農者も全国各地から移住してきています。
そんな浦河町の夏イチゴですが、まだまだ全国的には知られていません。
それもそのはず、浦河でつくられたイチゴのほとんどは、東京や関西の某有名お菓子屋さんで、ひっそりと使われているからです。今まではそんな「縁の下の力持ち」だった浦河のイチゴをもちいた商品開発の動きもスタートしています。

太平洋に面した浦河町。水産資源においても、日高昆布をはじめとして、サケ・マスやイカ、つぶ貝など多種多様な海の恵みが得られます。
海水温の変化により獲れ始めたブリや、少量ながら様々な種類があがるカレイなど、まだまだこれからセールス・PRが必要な資源も多々あります。

このような浦河の豊かな農業・漁業産品をより多くの人に伝える役割を担ってくれるスペシャリストを求めています。
単なるセールスマンではなく、それぞれの産業の現場を知り、生産者のこだわりやストーリーを含めて発信する企画力・行動力のある方をお待ちしています。

求める役割

  • 地域の商品の魅力を伝え、販路の開拓などの役割
  • 地域産品を活用した商品の開発・販売
  • 市場のニーズをキャッチし、浦河の生産者・作り手にフィードバックする役割
  • 浦河町のブランド化につながるプロモーン企画の立案・実行
Scroll Up