浦河町地域おこし協力隊 上野皓平さん着任!

みなさん、初めまして。
3月8日に委嘱状をいただき、「地域おこし協力隊」に着任しました上野皓平です。
簡単に自己紹介をさせていただきます。
出身は札幌市です。小学生から高校までを札幌で過ごし、大学から東京に出ました。大学在学中には休学しインドなどに一人旅をしていました。その頃から海外で生活をしたいと考えていました。
小学生の頃からサッカーを始めて、大学生の時にフットサルに転向しました。将来はフットサルで飯を食べていきたいと考え、就職活動はせずプロ選手になることを決め、日本ではプロ契約出来るチームがほとんどない現状から、海外に興味があったことと先輩の紹介もあり、中国に行くことに決意しました。2チーム練習参加させていただき、上海を拠点とした『上海徐房』というチームで契約させてもらい2年間プロ選手としてプレーしました。
次の移籍先を探している時に、母校である北星学園大学附属高校に声をかけていただき、サッカー部専任の職員として働くことになりました。3年間をコーチとして働き、サッカーではヘッドコーチとして全道大会ベスト8、フットサルでは監督として第3回、第4回全日本フットサルU18大会で北海道を2連覇し、全国大会では2大会連続で全国ベスト8まで進出しました。このメンバーからエスポラーダ北海道(日本プロリーグ Fリーグ)に入団した選手もいます。
ここから次のステージとして選んだのが「浦河町地域おこし協力隊」でした。その理由はプロ選手の時に、地方で講演させていただいく機会があり、地方には本当にパワーある子供達、大人達が多いなと感じ、このような環境で働きたいと考えていました。
そこで地域おこし協力隊の募集を探している時に浦河町を見つけました。浦河町には高校生の時と指導者の時にAERUのサッカー場に来させてもらった時にこんなにいいサッカー場と施設がなかなかないと思っていました。
自分の地域おこし協力隊のテーマは『スポーツ』です。スポーツを通した町おこしを。
主な内容はスポーツ合宿誘致、スポーツイベントの企画運営です。浦河町の良さを最大限に生かしながら自分にしかできない他の地域にはない合宿やイベントを作っていきたいと考えています。
サッカー、フットサルはもちろんの他スポーツ、浦河町の特色を生かしたアイススケートなどの企画もやっていきたいです。
浦河町に来てまだ間もないのでまずは浦河を知り、楽しみたいと考えています。これからどんどん浦河町のイベントなどを発信していきたいです。どうぞよろしくお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up